「北海道秋旅 2017」〜その7 遠軽郷愁たそがれ慕情〜

01PA150779-2bo.jpg
 (クリックすると拡大されます)

「北海道秋旅 2017」〜その7 遠軽郷愁たそがれ慕情〜

丸瀬布を経由した楓ちゃん等は 石北本線 沿いをさらに東へ。
日暮れる前にたどり着いたのは遥か遠軽駅を見下ろす丘の上・・・

02IMG_8212o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

遠軽駅 って、以前に夜行列車で通過したことはあるけれど
実際に駅前に立ってみたのは実は今回が初めてで。

03IMG_8207o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

元々は名寄本線と石北本線が分岐し、
かつては機関区・客貨車区・保線区までも存在した重要なジャンクション。

05PA150822-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

1989年に名寄線が廃止になった後、合理化が進み
たくさんのSLがいたラウンドハウスなんかも
すっかり跡形なく消えてしまっておりましたが

04PA150810-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

遠軽駅を折り返しとする区間列車はまだ残っていて
構内で入れ替え、待機するキハ40の姿に往時の名残が少し・・・

06PA150876-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

気がつけば夕刻、1番線にいた旭川方面行きの列車がまず出発。
しばらくすると今度は北見方面への各駅停車がたそがれ間近の駅を出て行く。

07PA150830-2bo.jpg
 (クリックすると拡大されます)

そんな列車たちを見送って
ふと後ろの公園を振り返ってみると

本当なら蒸気機関車を求めて42年前に降り立っていたはずのこの土地で、
まるで私の未練を少しでも晴らそうとしてくれたかのごとく
それらはそっとそこに佇んでいたのです。

D51484 (動輪のみ) 国鉄小倉工場製
車歴;1940-03-12 製造 → 納入;国鉄;D51484→ 配属;門司局 →
1940-03-18 配置[門鉄達 198];大里 →1940-03-25 使用開始 →1940-10-10 鳥栖 →
1944-12-28 広島一 →1946-12-20 広島二 →1948-10-01 旭川 →1957-10-17 運転室特別整備 →
1960-01-25 旋回窓取付 →1969-10-03 遠軽 →1975-04-23 追分 →1976-01-17 廃車;追分
(RM2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より)

*石北本線遠軽'17.10.15 OLYMPUS OM-D E-M1 Mark2 ED40-150mm PRO*
*石北本線遠軽'17.10.15 iPhone7*
*石北本線遠軽'17.10.15 iPhone7*
*石北本線遠軽'17.10.15 OLYMPUS OM-D E-M1 Mark2 ED12-40mm PRO*
*石北本線遠軽'17.10.15 OLYMPUS OM-D E-M1 Mark2 ED12-40mm PRO*
*石北本線遠軽'17.10.15 OLYMPUS OM-D E-M1 Mark2 ED40-150mm PRO* (4669D)
*遠軽町遠軽公園'17.10.15 OLYMPUS OM-D E-M1 Mark2 ED12-40mm PRO*

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

「北海道秋旅 2017」〜その4 鉄道の日の安平町鉄道資料館と夕張25号〜

01PA140303-2bo.jpg
 (クリックすると拡大されます)

「北海道秋旅 2017」〜その4 鉄道の日の安平町鉄道資料館と夕張25号〜

岩見沢経由で追分に降り立った楓ちゃん
その後は駅から歩いて 安平町鉄道資料館 での鉄道の日イベント会場へ。

02PA140283o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

何気に D51320 の外展示だけだと、たかをくくっていたら
ライブスチームのD51を始め、北海道新幹線やDLの5インチゲージまでもが走ってるし

03PA140263-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

本物のD51の方にはテンダに子供達を乗せて動かしているしで、かなり ビックリ !? (笑)

04PA140326o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

気がつけば周りには年金鉄さんや波平さん、スハニ6さん等の
道産子鉄さんが系揃いしていてなんか皆ニコニコと楽しそう〜

05PA140261o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

ここの鉄道資料館へは2年ぶり4度目 (1度は公開日でなくて窓から覗いただけでしたが) の訪問でしたが、

06PA140317-2bo.jpg
 (クリックすると拡大されます)

秋日和のこんな爽やかな空気の一日に、こんな形で「鉄道の日」を味わえるなんて
本気で 来てよかったな〜♪ と正直に思いました (^o^)/

07PA140345-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

イベント終了後は波平さんの車で札幌まで送っていただいたのですが、
途中、私のリクエストで長沼で保存中の 夕張鉄道25号 に寄り道 m(_ _)m

08PA140361o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

この保存機、一時はかなり状態が悪く、解体が検討された時期もあったそうなんですが
同行のスハニ6さんなんかも参加したという「保存蒸気ペンキ塗りツアー」の皆さんの手により
2015年に再塗装が行われたりして綺麗な姿になりました。

09PA140362-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

保存場所がパークゴルフの練習場内にあるとかで下回りにボール避けのネットが巡らされたり
写真で見えていない2エンド側のキャブ窓枠が腐食していたりと残念な部分もありましたが、
せっかく潰されずに残った貴重な夕張のカマ故、末長く残ってくれることを祈り現場を離れました。

夕張鉄道25号
  1921-10 川崎造船兵庫工場製
  国鉄 49694 配属 仙台局
  1921-10-22使用開始
  1933-7-31現在 大館
  1941-3-31現在 野付牛
  1945-9-30現在 室蘭
  1949-3-1現在 鷲別
  1955-8-1現在 鷲別
  1961-3-31廃車 鷲別
  1961-9-28認可 夕張鉄道25
  1975-3-31廃車

(「機関車表 フル・コンプリート版」沖田佑作氏より引用)

*上6枚、安平町鉄道資料館'17.10.14 OLYMPUS OM-D E-M1 Mark2 ED12-40mm PRO*
*下3枚、長沼町ながぬまコミュニティ公園'17.10.14 OLYMPUS OM-D E-M1 Mark2 ED12-40mm PRO*

続きを読む

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

留萌の保存機 D613 〜[回想]2016年6月の大人旅より その7〜

01P6270464-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

2016年6月の大人旅より その7

留萌本線留萌〜増毛間最終乗車を果たした後
留萌駅で途中下車した我々は、市内見晴公園に保存されている D61 を見学。

02P6270468-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

生粋の留萌罐と言い切ってもよいほどの蒸気機関車なんですが、
もともとの改造が6両のみと稀少なこともあるのか
現存するのはこの3号機のみという超貴重品 !

03P6270479-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

最近まであったいう上屋根はいつの間にやら撤去されていて
我々が行った時には露天での展示に変わってたんだけど、

04P6270470-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

結構美しい状態だったので、安堵したことを今も覚えています ♪

05P6270488-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

D613 日立笠戸工場製 国鉄郡山工場改造
車歴;1939-01-26 製造 → 納入;国鉄;D51181→1939-01-26 配属[達 73];名古屋局→
配置;米原 → 敦賀 → 原ノ町 →1948-07 現在;福島 →1960-09-12 入場;郡山工場 →
1960-09-29 完了予定 →1960-10-03 郡山工場改造[達 3];D613;深川 →
1964-04-01 現在;留萌支区 →1973-04-24(4/30?)廃車;留萌支区(廃車指令深川区)→
1974-11-15 保存;北海道留萌市「見晴公園」;D613(最終走行距離 2,272,955km)
(RM2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より)

06IMG_4883o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

実は現役時代のS49年夏にひと目見たいとわざわざ訪ねたものの
諸般の事情から結局はまともに逢うことが出来なかった因縁の機関車だったもので、

07P6270477o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

今回、静態機とはいえ42年目にしてようやく巡り逢うことが叶い
ついつい感動を覚えちゃったという楓ちゃんでありました !

*留萌市見晴公園'16.6.27 OLYMPUS OM-D E-M1 ED12-40mm PRO iPhon6*

続きを読む

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

滝川で D51297とジンギスカンと 〜[回想]2016年6月の大人旅より その5〜

01IMG_1886-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

2016年6月の大人旅より その5

話は、再び6月末の北海道へと戻ります・・・

我々はよく「行きがけの駄賃」なんてことをいうものですが、
どうやら世の中には「帰りがけの駄賃」なんて言葉も存在するようで !?

02IMG_1883-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

丸瀬布訪問の帰りしな滝川へと立ち寄ったのは、
あくまでも 本場北海道のジンギスカンが食べた〜い !
とお願いした楓ちゃんの我がままに道産子会の皆さんが答えてくれたから・・・ m(_ _)m

03IMG_1895-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

でもそれだけではなく、皆さんはちゃんと北海道仕様のD51くんの所にも寄り道してくれたのです (ToT)/

04IMG_1897-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

このD51297号機は、1961年9月に転属してきてから現役蒸機終焉の1976年3月に廃車になるまで
長年ここ地元の滝川機関区を根城に、石炭輸送等で活躍し続けてきた道産子罐の一両。
地元国鉄OBの方々がまめに手入れしてくれているということで、綺麗な保存状態でした。

05160626-05.jpg
 (クリックすると拡大されます)

D51297 川崎重工兵庫工場製
車歴;1939-10-19 製造 → 国鉄;D51297→ 配属;新潟局 →1939-11-03 配置[新鉄達 889];秋田 →
1939-11-16 使用開始 →1943-09-27 坂町 →1944-09-26 大館 →1946-05-03 吹田 →
1946-12-31 現在;吹田 →1952-05-01 借入;大井工場 →1952-06-06 返却 →
1953-04-06 製造銘板取付 →1955-09-17 倶知安 →1959-01-27 運転室特別整備 →
1961-09-29 滝川 →1976-03-01 廃車;滝川 → 保存;北海道滝川市「新町郷土館」;D51297
(RM2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編より)

IMG_4703-2o_201612021603007a1.jpg
 (クリックすると拡大されます)

きっと若かりし頃ここで仕事に励んでいたという年金鉄さんなんかには
思い出深い機関車なんだろうなぁ〜・・・
なんてことをかってに考えながら シミジミ と見学しておりましたです。

*滝川市新町郷土館'16.6.26 Canon PowerShot S110 iPhone6*

続きを読む

テーマ : ある日の写真
ジャンル : 写真

美唄で4110形Eタンクをみる。〜[回想]2016年6月の大人旅より その2〜

01P6250003-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

2016年6月の大人旅より その2

今年の北海道夏旅には、目的が大きくふたつありまして
そのうちのひとつが 15年ぶりに丸瀬布の雨宮21号機に逢いにゆく こと。

このため、25日の午後は列車を降りてから札幌道産子会の皆さんと(こちらも念願だった)
層雲峡温泉に一泊するために移動していたのですが、

02P6250010-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

行きがけの駄賃として
途中、美唄市内に残る旧東明駅跡に保存されている
美唄鉄道 の4110形Eタンク2号機の所に連れてっていただけました m(_ _)m

03P6250006-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

この機関車は、4110形では唯一保存公開されている貴重な車体で
何を隠そう楓ちゃんも実物を見るのは初めてのこと !?

04P6250020-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

ドイツからの輸入機(説明板では4110とあるが、これは4100の間違い)が原型であること
広火室設計のためボイラー中心線が高く、そのため重心を低く抑えるためサイドの水タンクが下がってる等
無骨だけれど、昭和のSLにはない機能美あふれた独特な形態は大正物好きの私にはとても魅力的 ♪

05P6250016-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

美唄鉄道2号機 (国鉄4110と同型 三菱造船製)
車歴;1920 三菱鉱業美唄鉄道専用機として製造
1972まで美唄鉄道専用線で活躍
1972 廃車 保存開始

06P6250011-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

ちなみに、SLは旧東明駅の線路跡に保存されていて
その後ろにはかつてのホーム跡も残っていて

07P6250025-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

さらに路線跡も美唄市内の散策(自転車?)道路として活用されてるとのことでした。

*三菱鉱業美唄鉄道旧東明駅跡にて'16.6.25 OLYMPUS OM-D E-M1 ED12-40mm PRO*

続きを読む

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

takahashi kaede

Author:takahashi kaede
生まれた所・住んでる所→みちのく「楓村」
生まれた時→DC特急「はつかり」誕生の一週間後
*「蒸気機関車のいる風景」と「アルプスの少女ハイジが暮らすアルムの情景」そして「地元あまちゃんワールド」をこよなく愛しています。*

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楓ちゃんのTwitter
禁煙の森