「奥会津復活の秋」〜紅葉只見線SL2012〜

01IMG_3483-2bo.jpg
 (クリックすると拡大されます)

昨年の水害の影響で未だ一部運休が続いている奥会津・只見線。
それでも、ようやく会津川口まで復活し走り始めたSL、C11325
その姿を目に焼き付けてこようと楓ちゃん、勇躍出かけて参りました。

02IMG_3505-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

初日、23日はあいにくの雨・・・
けれど幸いなことに風がまったくなかったので、各所で白煙たなびくよい情景に !

03IMG_3583-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

この返し三橋も雨でなかったらきっとスカってたことでしょうね (汗)

04IMG_3628-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

久々の柳津発車も決まって、この日は早々と終了〜
16時半には、宮下温泉に浸かって濡れた身体を暖めて
17時にはもうすでに我が「荻作どうでしょう班」では、風呂上がりの乾杯が始まってました (笑)

05IMG_3675-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

撮影2日目、24日は曇り時々の日差し。
この日は、少し撮影回数を増やそうと会津高田の出発シーンから。

06IMG_3694-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

続いて、余裕を持って滝谷へ移動しましたが
残念ながらここは紅葉というにはあまりにも早かったです。

この後、昨日に引き続き水沼先のSへ行きましたがその絵は省略 m(_ _)m

07IMG_3730-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

昨日に引き続いての川口は「おふくろ」での昼食(ラーメン)の後は、
定番を外して中川界隈で奥会津らしいシィナリーを無理やり絡めての強引な一撮 !?

08IMG_3745-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

続いて、宮下の発車を撮った後 (画像省略)
この日は、坂本の築堤でカマのアップを狙い撃ちして終了〜

夜、連泊した栄光館では、○木さん、撮太郎氏 and (後から) ○倉氏のトリオ・ザ・○○軍団(?)と合流、
久々にお逢い出来て、なおかつ「かなりの馬鹿話」で盛り上がってしまいました (=o=)/

09IMG_3778-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

そして、最終日25日。天気はやっと秋らしい晴天に !

リンゴ畑から見上げた会津坂下の青空も

10IMG_3797-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

ようやく紅葉らしい色づきになってきた只見第三橋梁付近の風景も

11IMG_3849-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

午後の斜光線を浴びて輝く第一橋の姿も、なかなかに感激的で !!!

12IMG_3879-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

締めの阿賀川べりで待ってみた「夕日ギラリ」もちょっと神がかり的にお日様が現れてくれて、

先週の秋田・奥羽線詣でと共に期待していた奥会津只見線の鉄な秋旅も
無事に感動のフィナーレとあいなったのでありますぅ (ToT)/

*只見線会津西方〜会津宮下'12.10.23 EOS-1D X EF70-200mm*
*只見線会津水沼〜会津中川'12.10.23 EOS-1D X EF70-200mm*
*只見線早戸〜会津宮下'12.10.23 EOS-1D X EF70-200mm*
*只見線会津柳津'12.10.23 EOS-1D X EF300mm*
*只見線会津高田〜根岸'12.10.24 EOS-1D X EF70-200mm*
*只見線滝谷〜会津桧原'12.10.24 EOS-1D X EF24-105mm*
*只見線会津川口〜会津中川'12.10.24 EOS-1D X EF24-105mm*
*只見線会津坂本〜塔寺'12.10.24 EOS-1D X EF70-200mm*
*只見線会津坂下〜塔寺'12.12.25 EOS-1D X EF24-105mm*
*只見線会津宮下〜早戸'12.10.25 EOS-1D X EF70-200mm*
*只見線会津西方〜会津桧原'12.10.25 EOS-1D X EF300mm*
*只見線会津本郷〜西若松'12.10.25 EOS-1D X EF70-200mm*

13IMG_4361-2.jpg
 (クリックすると拡大されます)

それにしても、昨年の初夏以来の蒸機運転。紅葉時としては一昨年以来でしたが、
やはり只見線をゆく蒸機の姿は、奥会津の原風景に解け合って最高なのです !

只見のSL、来年以降も末永く継続して運転されることを願ってやみません。

14IMG_3532-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

*只見線会津本郷〜西若松'12.10.25 EOS 7D EF24-105mm*
*只見線会津川口'12.10.23 EOS-1D X EF24-105mm*
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメント

非公開コメント

只見線は、何度見てもいいですね。
なによりお尻に赤いディーゼルがいないこと、そして旧客だということ。
たった3両とはいえ、それが似合うのも、只見ゆえ。
むかしと比べると人工物が増えたようですが、それでもどこかホっとさせられる風景のなかを走るカマは、現役時代とかわらない。
こけれで後ろに、ヨでも一両ぶらさげて走ってくれると最高なんですが。
すてきな絵の数々、ありがとうございました♪

ところで、「君と歩いた青春」は、太田裕美ではなく、やっぱり伊勢正三ではないかなあ(^^)

Re:コメントありがとうございます。

昨年夏の水害で未だ只見〜会津川口が普通なままの只見線・・・
一見、何もなかったようにも見えますが、例えばダム機能の崩壊により水位が極度に低下していてあの滔々とした只見川の姿は今はありません。

それでも「あの昔と変わらない風景」は、いたるところに残っていて、だからSLが生き生きして見えるのだと思います !
何より地元の方が喜んでいたのがよかったです ♪

>ところで、「君と歩いた青春」は、太田裕美ではなく、やっぱり伊勢正三ではないかなあ(^^)

ハハハ・・・正直なつっこみありがとうございます (笑)
この青春を「蒸気現役時代」のラスト'75年頃までとするならば、たしかに正やんのオリジナルが正解だと思うのですが、今回はそれから少し「遅れてきた青春」と行った風情の復活蒸機がたどった歴史(只見でももう11年目です)を想定した次第なのであえて太田裕美バージョンにしてみました。ご了承下さい m(_ _)m
(今回、荻作号の中で裕美ソングがヘビーローテーションでかかったもので、それもあります。)
プロフィール

takahashi kaede

Author:takahashi kaede
生まれた所・住んでる所→みちのく「楓村」
生まれた時→DC特急「はつかり」誕生の一週間後
*「蒸気機関車のいる風景」と「アルプスの少女ハイジが暮らすアルムの情景」そして「地元あまちゃんワールド」をこよなく愛しています。*

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楓ちゃんのTwitter
禁煙の森