「現世、秋田冬紀行」2012 〜横手かまくらへ〜

01DSCF1931-2o.jpg

幼少の頃より憧れ、思い立ってからなんと4年 !?

2月15日(月遅れの小正月)の夕刻、楓ちゃんはようやく念願が叶い
横手市街は横手川の川っぷちを凍えながら歩いておりました。

02DSCF1930o.jpg

羽州街道ぞいの大町界隈には、夜店屋台が軒をつらね

03DSCF1933o.jpg

旧武家屋敷町の羽黒町の家先には、懐かしき荷ソリが・・・

04IMG_8264-2o.jpg

そして、小学校の校庭にミニかまくらの火がともり始めると

05IMG_8268-2o.jpg

郷愁的で幻想的な冬の伝統行事「横手かまくら」の夜がやってくるのです♪

06DSCF1953-2o.jpg

わらしべの「はいってたんせ」の声にさそわれて、水神様へお参りし

07DSCF1955o.jpg

まるで、胎内のようなほっとする暖かさの中で

08DSCF1960-2o.jpg

一心に餅焼きをしてくれた「未来の秋田おばこ」から、その焼きたての餅と甘酒をふるまわれると、
楓ちゃんは日々の雑念を祓われ、遠い昔の清い童心の元にたち帰ってゆきました。

09IMG_8278-2o.jpg

本来は、たった2日間だけこの世に現れる「子供達だけの夢幻の世界」・・・

かつて、この地を訪れたドイツ人建築家ブルーノ・タウトが
この素朴で幻想的な情景を見て「まるで夢の国のようだ」と絶賛したということも、

「あながち嘘ではあるまいな。その昔は、もっともっと美しい光景だったに違いない !」

と、今に残るその姿を見ながら、楓ちゃんはそうしみじみと感じていたのです。

*横手にて'12.2.15 EOS 5D Mark2 EF24-105mm FUJIFILM X-10*

10DSCF1926-2.jpg

翌日の16日からおこなわれる神事「梵天(ぼんてん)」

11DSCF1925o.jpg

その「頭飾り」を見せに、かまくらに行く前、今回コンダクターをしてくれた
地元人努ちゃんが「かまくら館」に案内してくれました m(_ _)m

努ちゃんは、毎年このぼんてんにフル参加しています !

今度は、ぜひその勇壮な姿を拝みたいと思いながら楓ちゃんは「つかのまの横手の夜」を去ったのでした。

*横手市「かまくら館」にて'12.2.15 FUJIFILM X-10*




12KIMURA0712083.jpg

余談 : 巨匠「木村伊兵衛」撮による「秋田おばこ」('53)

楓ちゃんにとっても超衝撃だった一枚。
この作品によって「秋田美人」というブランドが確立されたといっても過言ではありませんね !

それにしても、本当に神的に美しい方です・・・



過去の「秋田冬紀行」へは こちら から。
スポンサーサイト

テーマ : 昭和の匂い
ジャンル : 写真

コメント

非公開コメント

懐かしき…

ミニかまくらは幻想的…
「横手かまくら」はなんと立派!
山陰赤名生まれのマリリンはかまくらを作った事が有ります(*^_^*)
が、横手のかまくらの様にシッカリしたものではなく庭先に姉妹で作った物
アイスキャンディーを作ったり…と立派なかまくらに幼少の頃を思い出した次第です。
(>_<)

Re:ああ、かまくら

楓ちゃんも幼い頃、とにかくかまくらに憧れてなんとか近所の幼なじみと作ろうとしたことがありますが、当時は暖冬が多かったせいか目標とする大きさにすることができずいつもいつのまにかに「滑り台」やらに変身してました・・・食べ物や飲み物、おもちゃやマンガ、もろもろ全部引き入れて一冬そこで暮らしてみたいと思ってました (笑)
そういう意味では、昔は貨物列車の最後尾に必ず付いていた「車掌車(緩急車)」特にワフにも憧れましたね ! (ワフだと荷物も積めるので♪)

同行の地元人「努ちゃん」の話では、横手かまくらは現在では「かまくら職人」ってのがいて、すべて重機を使用して制作していくのでやたら立派なんだそうですが、かつては家のお父さんを始めとする大人の家族の男達が三日三晩かけてスコップのみで子供達のために作ってくれたのだそうです。
そして、かまくらの日だけは子供達は夜更かしも認められて、とにかく最高に楽しかったということですよ !!!

来年こそは

15日(水)寒い中、よくおざったんすな「よく来てくれまして」。お祭りも17日(金)でようやく終わりました。1月の中頃から雪と格闘しながら梵天(ぼんでん)の頭飾りを製作し、無事神社に奉納致しました。
地元に住んでいてもかまくらに入るのは20数年ぶりでなんか新鮮な気分でした。これもまた良い思い出にもなり楽しかったです。
楓さん、来年の2月は夜はかまくら、その後は飲み会、次の日は梵天コンクールですね。
「余談」
 今年の奉納梵天は33本でした。私の町内は11等の(朝日新聞社賞)でした。余談です。
 

Re:いゃ〜ありがとうございました。

よそ者がふらっと行くのとは違って、地元の人と歩くってのは、
こんなに深く感じ入ることができるということがよ〜く分りました !

梵天も無事終わりましたね♪ ご苦労様でした m(_ _)m

早くも来年のツアー企画 !?
いいですね〜 実現させたいな !!!
プロフィール

takahashi kaede

Author:takahashi kaede
生まれた所・住んでる所→みちのく「楓村」
生まれた時→DC特急「はつかり」誕生の一週間後
*「蒸気機関車のいる風景」と「アルプスの少女ハイジが暮らすアルムの情景」そして「地元あまちゃんワールド」をこよなく愛しています。*

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楓ちゃんのTwitter
禁煙の森