C58239 釜石線営業運転初日 ! 〜2014.4.12-13〜

01IMG_2586-2bo.jpg
 (クリックすると拡大されます)

2014年4月12〜13日
いよいよC58239による釜石線での営業運転がスタートいたしました !


この2日間をどう過ごしていくか、楓ちゃん的には結構悩みましたが
結局、三鉄全線復旧の際の積極参加とはスタンスを変えて
少し離れた目線で遠目から客観的にその日の姿を見てみることに決めて
まず往路で選んだ所は、今や釜石線の象徴ともいえる宮守のめがね橋 (笑)

ここは地元の方のお出迎えというよりやはり撮影のため訪れた人々が大半。

それにしてもいわゆる鉄な方々ではなく、ごく普通の一般男性や一般女性の皆さんが
これだけの数でSLを撮影している姿を自身初めて見たのではないかと思います w(*o*)w

02IMG_4865-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

さて、釜石方面へ移動中に見かけた綾織駅界隈では、
市で作成し全戸配布したという特製の小旗を振ってSL列車を歓迎しているシーンを目撃 (笑)

03IMG_4866-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

さらに遠野駅手前の河川敷では、
遠野中の皆さんが横断幕等で盛大なお出迎えをしておりました ♪

04IMG_2667-2co.jpg
 (クリックすると拡大されます)

釜石では、少人数ではありましたが小佐野駅で大漁旗と虎舞さんでのお迎えを確認し往路初日を終了。

05IMG_2957-2bo.jpg
 (クリックすると拡大されます)

翌日の復路は釜石駅を俯瞰出来る山道から発車するシーンをロングで !!

06IMG_2962-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

釜石でのこの時の煙を見てて
これが本当の「復興への狼煙 (のろし) 」となって欲しいとつくづく願った楓ちゃん !!!

07IMG_2979-2bo_20140414124427d68.jpg
 (クリックすると拡大されます)

後は、平倉や

08IMG_3008-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

柏木平でHM付きのC58239の姿を記録して

09IMG_3029-2bo.jpg
 (クリックすると拡大されます)

最後は、地元「まことの坂」白橋 の、我が学び舎だった 桜雲台 上より市内を遠望しつつ
戻ってきたC58239を楓ちゃんも1人の市民となってお出迎えをして
お祭り騒ぎだったこの週末が終わりをつげました m(_ _)m

*釜石線宮守〜柏木平'14.4.12 EOS-1D X EF24-105mm*
*釜石線綾織'14.4.12 EOS-1D Mark4 Tamron70-300mm*
*釜石線綾織〜遠野'14.4.12 EOS-1D Mark4 Tamron70-300mm*
*釜石線小佐野'14.4.12 EOS-1D X EF70-200mm*
*釜石線釜石'14.4.13 EOS-1D X EF300mm*
*釜石線釜石'14.4.13 EOS-1D X EF300mm*
*釜石線平倉〜岩手上郷'14.4.13 EOS-1D X EF70-200mm*
*釜石線鱒沢〜柏木平'14.4.13 EOS-1D X EF70-200mm*
*釜石線似内〜花巻'14.4.13 EOS-1D X EF24-105mm*

10IMG_4856-2bom.jpg
 (クリックすると拡大されます)

11IMG_2866-2om.jpg
 (クリックすると拡大されます)

12IMG_4937-2om.jpg
 (クリックすると拡大されます)

*釜石線宮守〜柏木平'14.4.12 EOS-1D Mark4 Tamron70-300mm*
*釜石線釜石'14.4.13 EOS-1D X EF500mm*
*東北本線花巻〜花巻空港'14.34.13 EOS-1D Mark4 EF24-105mm*




IMG_5235-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

IMG_5253-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

IMG_2690-2o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

*花巻にて'14.4.12 Canon PowerShot S110*
*遠野にて'14.4.12 Canon PowerShot S110*
*釜石にて'14.4.12 EOS-1D X EF70-200mm*






「Hey Jude」By The Beatles (1968)
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメント

非公開コメント

いつもと違う撮り方

いつものきっちりした作品はそれこそ憧れの的ですが、
今回はだいぶ違う感じで、「へそ曲がり」の私としては
「きたきた!」という妙な喜び?が湧き上がってしまいます。
地元の方としては「おらが蒸気」のはずが・・・。

どうも鉄ちゃんはかなり釜石に流れているみたいで、
昨日のばんものも全体に少ないかな?いやいや、
舞台田・松野にはやはりゾロゾロいたかも(汗)。
ばんさいは根性いれれば日帰り自動車往復できるんですが、
釜石はとてもとても・・・。

私はいつ釜石に行けるか目下見当もつきません。
当分はこちらで拝見するのを楽しみにさせていただきます。

Re:コメントありがとうございます。

さらに、お褒めの言葉(?)まで頂いて恐悦至極に存じます (汗)

釜石線営業初日は、たしかに人出は凄かったですが意外にバリ鉄な方は少なかったように思います。
そういう方は満開な桜絡みに流れたのでは ?

とにかく、いっぱんだんせー、いっぱんじょせー、女子供老人が多かったデシ。

(何だか凄く忙しく、ブログは拝見出来てますがコメントまでいたりません。 ごめんなさい。)

1枚目、どこかほのぼのとした雰囲気があるのは、鉄以外の方達が多かったからからかな。
カメラのモニターを見ている右端のお母さん、うまく撮れたのかなあ。
大きく手を振っている二人のお子さんがとっても印象的。
カマだけの写真と違って、蒸気の運転を楽しみにしていた地元のかたたちの思いが伝わってくる一枚で、カマも、煙の立ち上がりからみて、ゆっくりと汽笛を鳴らしながら通過していったのではないでしょうか。
こういう写真、けっこう好きです。
めがね橋も、檄混みかと思いましたが、さほどでもないようですね。
遠野中のみなさんも、どんな声援を送ったのかなあ。
大漁旗がなびくところも釜石らしい風景で、こうしたイベント列車は、やっぱり地元のかたが一緒に写ることで、写真が生き生きしてきますね。
これからもずっと地元のみなさんに愛され続ける汽車であってほしいと願っています。

Re:ありがとうございます。

まこべえさんのブログもいつも見てますがコメント出来ずにいます。ごめんなさい。

>これからもずっと地元のみなさんに愛され続ける汽車であってほしいと願っています。

ほんとにそうですよね !
純粋に汽車が好きでいたいのに、しがらみやもくろみが絡んできますと
なかなかそうも行かなくて、地元なのでかえって生臭い話もいろいろ聞こえてきて
素直に喜べないことも出てきてイライラがつのることもあるけれど、
まこべえさんがおっしゃる通りになって欲しいと私も心からそう思います。

そして、これを気に
運休となっている各路線の一早い復旧をJR各社さんにはお願いしたいです。
プロフィール

takahashi kaede

Author:takahashi kaede
生まれた所・住んでる所→みちのく「楓村」
生まれた時→DC特急「はつかり」誕生の一週間後
*「蒸気機関車のいる風景」と「アルプスの少女ハイジが暮らすアルムの情景」そして「地元あまちゃんワールド」をこよなく愛しています。*

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楓ちゃんのTwitter
禁煙の森