HAVE A NICE DAYの時代。〜私のカラーフィルム事始め アーカイブより〜

01IMG_0007o_201707201640167d8.jpg
 (クリックすると拡大されます)

1972年は、何度も言うように鉄道開業100周年という誠にエポックな年でしたが、
また富士フイルムが「HAVE A NICE DAY」をメインテーマに
若者たちに写真の楽しさと大切さを訴える一大キャンベーンを実施した年でもありました。

で、ようやくこの頃カメラを手にするようになった楓ちゃんではありましたが、
当時のお小遣いでは高価なカラーフィルムなどは当然手にすることも出来ず
いつも16枚撮りで格安な白黒ライトパンフィルムばかり使ってました。

その後、友人たちの影響もあって本格的に蒸気機関車に目覚めちゃった楓ちゃん !?
1974年に初めて本格的に遠征した石巻線行では、
機関区の撮影時に念願のフジカラーN100 (ただし12枚撮りだったかも?)をカメラに装填して撮影してました !

02IMG_0006o_2017072016405167f.jpg
 (クリックすると拡大されます)

この2枚はその時写した写真で、つい昨日懐かしくも見つかった紙焼きの中からの掲載です。

06IMG_0003o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

その後はキネマ旬報の雑誌「蒸気機関車」の影響などもあってSL写真は白黒で、
っと言うか自分で現像・引き伸ばしするモノクロ写真こそが醍醐味だった時代でもあり
1974年8月、初めての北海道遠征の際に手にした一眼レフ(アサペンSPF) はもっぱらモノクロフィルム専門。
この時からサブに回ったハイマチックEの方にカラーフィルムを詰めてスナップしています。

04IMG_0008o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

2度目でしかもこれが最後になった75年8月の北海道へのSL撮影時には、
奮発してなんと当時最新鋭フィルムだったコダカラー2を初めて使ってますね w(*o*)w

05IMG_0002o.jpg
 (クリックすると拡大されます)

学生時代のそれも大学の写真研時代までモノクロメインで写真を撮って来た楓ちゃんが
改めてフルカラー写真に目覚めた時はもうネガではなくポシフィルムを使うようなっていて、
結局、それっきりカラーネガフィルムを一部の仕事以外で本格的に使うことはなかったのですけれど、

今、手元に残っているこの色あせた紙焼きをじっと見ていて
それはそれで切ない感じがしてきてなんだか胸がキュンとなりまして・・・(笑)

まさに楓ちゃんの よき日 がここに写っておりました ♪

*石巻線小牛田区'74.1 minolta HI-MATIC E ROKKOR-QF40mm F1.7 フジカラーN100*
*石巻線小牛田区'74.1 minolta HI-MATIC E ROKKOR-QF40mm F1.7 フジカラーN100*
*函館本線函館'74.8 minolta HI-MATIC E ROKKOR-QF40mm F1.7 サクラカラーN100*
*室蘭本線苫小牧(?)'75.8 minolta HI-MATIC E ROKKOR-QF40mm F1.7 コダカラー 2*
*室蘭本線苫小牧〜沼ノ端(?)'75.8 minolta HI-MATIC E ROKKOR-QF40mm F1.7 コダカラー 2*

03IMG_0009o_2017072016401543c.jpg
 (クリックすると拡大されます)

余談ですが、この写真は74年に身近で生きている現役SLC108に会えると出かけた宮古でのものですが、
初めてのこの時は雨の中このC11247だけが動いていて期待していたC10の方は残念ながら検査中・・・

けれど今思えば動態でこの247を見れたのは結局この時だけであり、
まさかこちらのカマの方が早に廃車になってしまうとは、世の中わからないものです m(_ _)m

*ラサ工業宮古工場'74.10 HI-MATIC E ROKKOR-QF40mm F1.7 フジカラーN100*






「HAVE A NICE DAY」By 吉田拓郎 (1972)
スポンサーサイト

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

コメント

非公開コメント

渋い!

楓ちゃん様

ミノルタハイマチックも渋いですが、72年当時から結構オシャマなアングルで撮っておられたのが、
やはり将来その道に進まれた遍歴を感じます!
1枚目や4枚目は、子どもが構えるアングルとは思えないくらい・・・。

私にとって'72〜75が、よき日、でした。

>狂電関人さん  コメントありがとうございます。
'72から75というと楓ちゃんは小6から中坊の時代でしたが、
未だに人生で一番楽しく、そして切ない季節だったと思います ♪
もちろん撮影になんかは数えるぐらいしか行けてないけど、
それを補って余りある大切な時間がそこにありました !
SLや鉄道以外にも夢中になったものがありすぎて・・・
毎日が本当に有意義でしたね (^o^)/

こんにちは。
貴重なお写真、楽しく拝見させて頂きました。
褪色したお写真を見ていますと、正確な記録という写真の一面を超えて、その後に経過した時間の長さそのものまでが表現されているように感じられ、見入ってしまいます。
煤けた機関区、本線を走る北海道の線路、どのカットも素敵ですね。
今と比べれば、レールも細く、枕木もコンクリートではなく、貧弱な線路にも見えますが、重たい機関車、客車、貨車が勢いよく走っていた様子が伝わってきます。
(きっと、重量だけでなく、列車の速度の向上が、より高い水準の線路のメンテナンス精度を求めるようになったのでしょうね)
今の鉄道の風景からはまさに隔世の感がありますが、振り返りながら今の鉄道を旅したくなりました。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

コメントありがとうございます。

>風旅記さん 震災前の山田線・気仙沼線等の記事拝見させていただきました m(_ _)m

最近、あまりにも当たり前だった情景を撮り残せていなかったことなどを
たまらなく残念に思うことが多くなってきて、悲しくなったりすることが多くなってきました。

もちろん、ネタやニュースというものは元来「非日常」なもので
写真記録というものも、やっぱりハレの日が多くなってしまうことは、
特に昔はフィルムの一枚一枚が貴重だったので仕方なかったとも思ってます・・・
(フィルムも高くてたくさん買えなかったし)

でも今からでも遅くない
なるべくこの、日常というものを残していけるように努力していきたいなと思う、
今日この頃でもあります。
プロフィール

takahashi kaede

Author:takahashi kaede
生まれた所・住んでる所→みちのく「楓村」
生まれた時→DC特急「はつかり」誕生の一週間後
*「蒸気機関車のいる風景」と「アルプスの少女ハイジが暮らすアルムの情景」そして「地元あまちゃんワールド」をこよなく愛しています。*

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楓ちゃんのTwitter
禁煙の森